30歳を前に転職しました!

30歳を前に転職しました!

転職を考え出したのは、正直に言うと会社に入社前でした。中堅の地方銀行に内定が決まってましたが、その頃は色々な銀行が統廃合を重ねていく激動の時期でした。また、ある銀行は潰れた!なんて事がニュースにもでて正直不安でした。
転職14
ただ、周りの先輩から入社しても3年間くらいは勤めないとねと定説のように言われたため、3年間はそのまま働いていたのですが、銀行というところは異動が多すぎて3年というスパンで転職を考えられるようなところではありませんでした。

 

また、ノルマやルールなどの銀行ならではのお決まりが非常に多く、それらも窮屈さを感じていた自身にとっては、かなりの苦痛でした。
ただ、このままのやる気のない状態であれば、自分の未来や生活設計も立てられない、給料も伸び悩むかもしれないと思い焦りだしました。

 

それでもまだ、中堅の銀行は、「安定性」という部分では非常に魅力的であり、すべてを投げ売ってまでの職はどんなところがあるのだろうとボンヤリ思いながらの日々仕事をしていました。

 

ただし、年齢を重ねるごとに周りは、ヘッドハント(保険業界)や様々な事情により退職を重ねていくなど新たな道を歩んで行っていました。

転職15
最終的な決着は、自分の28歳の誕生日に、このままでは自分の性格上ズルズル伸ばしていってしまう、そういえば、入社前に見てたニュースで潰れた銀行もあったし、「安定性」なんてそもそもどこにもないんだろうって思ったのです。その日に30歳という節目までには、絶対に転職してやろう。と、一念発起して色々な転職サイトに登録しまくり、電話しまくりの日々でした。そして、次のところでは現在の職を活かしながら、全く銀行とは違う業界で働こうという思いで、全く違う業界の勉強をしながら、転職活動を行っていました。次の会社を見つけることができました。