チームの相方との人間関係と対処できない上司への不満からの転職

チームの相方との人間関係と対処できない上司への不満からの転職

会社というのは自分が一生懸命働いても、それを正しく評価してくれる上司がいないと報われません。
特にチームで仕事をする場合には、相方の存在も重要になります。
転職3

チームを組んで仕事をする場合、相方と自分のやる気に温度差があると、すぐに関係が悪化してきます。

こちらとしては「早くミスなく仕事を終わらせたい」と思っていても、相方が「あまり早く仕事を終わらせてしまうと簡単にできる仕事だと思われてもっと締め切りを早くされてしまう」と言うと、そこでわだかまりができます。少人数事務職の人間関係&通勤環境が劣悪すぎて転職した

 

普通はそこで言い争いにはならず、どちらかが折れて何とかなるものです。
しかしそのしこりが残り、あらゆる点で意見や性格の食い違いが目立ってくると、そのうち何かのきっかけで一触即発することになるのです。
一番大きなきっかけがどちらかが休みを取った時で、それが新婚旅行や海外旅行だと「あの人が楽しく過ごしているのに、どうして自分がその分仕事を引き受けて残業しなければならないのか」と不満を感じます。

 

そしていざ自分が休暇を取ろうと思った時に相方から「あなたの仕事はできないから、自分で全部終わらせていってね」と言われてしまうともう我慢ができません。
その様な時に上司に相談しても「上手くやってよ」で終わってしまうと行き場がなくなってしまうのです。

 

転職4
有名な大手企業であっても、給料が良くても、オフィスの環境が良くても、相方とこのまま仕事をしていくことで限りないストレスを感じる様になり、転職を決意するのです。
特に女性同士でチームを組むとプライベートで嫉妬心が出てうまくいかないことがあります。
まるで子供のケンカの様ですが、まだまだオフィスでは勢力や意地の張り合いが多く、事務的に仕事をこなすのは難しいものなのです。
転職のきっかけはチームワークの乱れと、それをサポートできない上司に当たってしまったことなのです。

関連ページ

仕事をやめる理由はすべて”人間関係”なのでは
転職の経験がある人はたくさんいて、人それぞれ理由があると思います。 その理由として多いのが”人間関係”だと思います。
少人数事務職の人間関係&通勤環境が劣悪すぎて転職した
コールセンターの事務職から転職しようと思ったキッカケは、職場の人間関係が最悪だったというのがまずひとつです。